家族団欒
example

施工事例をご紹介

【No.16】グループホーム新設|車いすで生活する工夫

新築のグループホームを開所する

横浜市に新しいグループホームを開設するために、建て替え工事を行いました。

全面バリアフリーはもちろん、車いすでの動線設計から、介護しやすい環境を整えるため福祉機器の設置やまで話し合いを重ね、プランを設計しました。

場所 神奈川県横浜市
建物データ 新築、戸建て

外観 -横浜の住宅街に溶け込む外観-

障害を持ちながらも地域で生活するという観念から、「施設」という見た目を避け、一般住宅とほぼ変わらない外観にすることにより、横浜の住宅街に溶け込むようになりました。

グループホーム新築(横浜市)町中に溶け込む外観を意識して設計

グループホーム新築(横浜市)町中に溶け込む外観2

車いす仕様車が止まることができるスペースと、降りたそのまま玄関へ移動できるように玄関前にはスロープを設置。玄関も一部引き戸にするなど、出入りのしやすさにこだわりました。

設計・図面/居室・リビング

車椅子で生活するグループホームの設計 図面

入居者の独立性と介助の兼ね合いは何度も話し合いを重ねたポイントでした。その日一日、朝起きてから寝るまでの動きを確認しながら、部屋の機能などを決定。リビングに集まりやすく、個室として一人の時間も確保できるという点にこだわりそれぞれを設定しました。

入居者の独立性を確保した居室。 車椅子を棚の下に収納できます。

各居室には広く大きな棚を設置。

各居室の天井走行リフト

介助しやすいように各居室に天井走行リフトを設置しました。

各居室には縦横自由自在に動く天井走行リフトを設置。ベッドから車いすの移乗などを助けます。

専用トイレの天井走行リフト・多目的流し

バリアフリー化に伴いトイレに天井走行リフトも設置。多目的流しも配置しました。

トイレの介助の負担を軽減する天井走行リフトと、使いやすい多目的流しを採用。天井走行リフトはどの位置に車いすを置き、介助者がどの位置に立ってトイレに移乗するかなどの確認を重ねた結果、設置を決めました。

浴室/天井走行リフト・車いす用洗面台

浴室の天井走行リフトと車椅子用洗面台

浴室の天井走行リフトは、脱衣室からレールをつなげた特別製。引き戸もそのままレールを通すことで、浴室に車いすを置いて濡らすことなく、お風呂に入ることができるようになりました。

ご利用ありがとうございました!

 

09-0033

その他施工事例

施工事例一覧へ