オフィシャルブログ

_____
blog
2018/4/14 10:26

2018.04.14オランダ 株式会社トライアングル


4/14はオレンジデー

昨日は階段昇降機のとあるパーティーが
オランダ大使館 官邸にてありました。
パスポート必要かしら!?なんちゃって
しかしながら小さいながらも素敵な建物とお庭
プールもあり、チューリップも咲いていました。

なかなか大使館の中に入る事もないので、キョロキョロ(@_@;)

ここで大使館のご紹介
東京タワーのお膝元、芝公園3丁目にある「オランダ王国大使公邸」は、大きな鉄の門と豊かな緑に囲まれた美しい近代建築。すぐ裏手にはオランダ王国大使館のオフィス棟もありました。

日本が鎖国していた400年以上前から、西洋で唯一国交のあったオランダ。
オランダを通じて伝えられた西洋の学問などは蘭学と呼ばれ、当時の日本で盛んになりました。
幕末に欧米諸国との交流が始まると、江戸に各国の公使館(現在の大使館)を設置することになりましたが、折しも攘夷論が高まっていた時代。大名屋敷が多く比較的安全だった港区近隣の寺院が各国代表を受け入れることになり、オランダは港区芝の西応寺や長応寺(のちに北海道に移転)などを利用しました。

オランダ王国大使館が現在の場所に移転したのは1883年(明治16年)。当時、丘の上に建てられた建物は和蘭公使館と呼ばれ、都内の街並みが見渡せたそうです。大使の話では海も一望できたそうです。 
その時の建物は木造だったため、1923年(大正12年)の関東大震災後の火災で焼失してしまいます。その後、同じ場所に再建されたのが現在のオランダ王国大使公邸です

竣工:1928年(昭和3年) 
設計:ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー、上林 敬吉
施工:清水組 
構造:鉄筋コンクリート造2階建、銅板葺

年に一度一般公開もされるとのこと。必見ですよっ